ペット(犬、ネコ)のくすり代は結構費用がかかります。ペットの蚤ダニ、フィラリア薬、動物病院代とフード・トイレ用品代等の節約方法を紹介します。

ペット(犬、ネコ)のくすり代は結構出費

『ペット(犬、ネコ)のくすりと治療費節約』のサイトへようこそ!
当サイトは、ペット(犬、ネコ)のくすりと治療費の節約情報提供を目的として作成しました。もちろんペット薬の情報収集としても、十分機能を発揮します。 ぜひ、ペット(犬、ネコ)のくすり代、治療費の圧縮にご利用ください。

ペット(犬、ネコ)のくすり代と治療代の節約情報

ねこに害のある可能性の食べ物とは?

ねこにとって「健康にいいだろう」と思ってあたえていたものが、実は猫の体に害を与える可能性のあるものがあります。
このほかにも持病がある場合は、できれば避けたほうが良い食べ物もあります。

一般的に猫には食べさせないほうが良いとされている食べ物について記載しておきます。
長期間与え続けると体調に悪影響を起こす可能性のあるものについても解説します。

【ネコに害のある食べ物】
アワビ、サザエ、トリガイ;  
これら貝類の肝臓を食べて日に当たると、貝が摂取した海藻に含まれる葉緑素の分解生成物により重度の皮膚炎を起こす可能性あり。

(イーストの含まれた)パン種 ;
消化管の中で膨らみ、ガスを発生させる場合があり、痛みが出るほか、胃や腸の破裂につながる可能性あり。

イカ、タコ、スルメ;
イカにはビタミンB1を破壊する酵素、カルボキシナーゼが含まれており、ビタミンB1欠乏症を引き起こす可能性あり。酵素は熱に弱いため、過熱すればこの問題はないが、イカ、タコともに消化が悪く、大量に摂取すると消化不良を起こす。特にスルメは、消化管の中で10倍に膨らむので、急性胃拡張等につながる可能性あり

柿; 種が腸閉塞、腸炎を引き起こす可能性あり

キノコ;
複数の器官に作用する毒素を含んでいる場合がり、ショック症状、死に至らしめる可能性あり

残飯 ;
残飯は栄養のバランスが取れていない。与える場合は、全食餌の10%以下とし、肉の脂身、骨は取り除く必要がある

塩 ; 大量に摂取した場合、電解質のバランスが崩れる可能性あ

タマネギ、ニンニク(生、調理済み、粉状を問わず) ;
硫黄酸化物や二硫化物を含んでおり、赤血球を壊し、貧血を引き起こす可能性あり。
猫は犬よりも過敏に反応する。ニンニクはタマネギよりも毒性は低い

(人間用の)ツナの缶詰;
猫にとって必要レベルのビタミン、ミネラルが含まれておらず、大量に与えると栄養不良になる可能性あり

生魚;
ビタミンB群の一つ、チアミン欠乏症を引き起こし、食欲減退、卒中、重症になると死に至る場合もある。生魚を定期的に与えた場合に、起こりやすい

ミルクと乳製品;
成猫の中には、乳製品に含まれるラクトースを分解する酵素、ラクターゼを十分に持っていない個体もあり、これに乳製品を与えると下痢を引き起こす。猫用にラクトースが含まれていない乳製品が市販されている。

くすりを飲んでくれない時の飲ませ方

薬だけ吐き出して飲んでくれない場合はどうする?

1)どうしても飲まない場合には錠剤ならそのままを子供用のゼリー状のオブラートで更に包みます。
粉末の場合は一度オブラートに包みます。
これらを大きめのスプーンで一気に流し込みます。

あるいは
2)小さめにカットした海苔を少し水で湿らせて、薬を海苔のまん中に配置して上手に包んでから飲ませます。
海苔が大きすぎると喉や口内に張り付きます。
できるだけ小さく丸めるようにしましょう。
この場合結石の疑いのあるペットには不向きなので注意が必要です。
海苔にはミネラル(カルシウム,リン)が多く含まれるからです。

3)もう1つの方法としては指で口を開ける方法があります。
両牙の後ろの歯を唇で包む様に片手の指2本で強く内側に押すようにします。
するとペット(犬)は自分の唇を噛むのを避けるので自然と口を開きます。
このようにすれば噛まれる事なく薬を口に入れる事ができます。

ぺット(犬・ネコ)に薬を飲ませるには

ペットに上手に薬を飲ませるにはコツがあります。

1)一般的にはペットの好物に薬(味や臭気の悪くない粉薬、水薬または粉砕した錠剤など)をまぶして与えてみます。あるいは錠剤やカプセルを与える場合は、ペットの好物に埋め込んで与えてみます。
与え方はまず一個か二個、薬の入っていないものをあげます。その次に薬の入ったものをさりげなく与えます。この場合、必ず動物病院でくすり(錠剤やカプセル)を粉砕して与えてもよいか否かを確認しておきます。

2)直接錠剤やカプセルはのどに押し込んで与えることも可能です。
口を開けさせて、錠剤やカプセルをできるだけ奥へ素早く入れます。
注意点としてはできるだけのどの奥の方に錠剤を思い切って入れ込むことです。
すぐにロを軽く閉じさせてから、飲み込むまでしばらく待ちます。
飲み込む場合には舌をペロッと出しますので、このサインがあれば完了です。
まず気管には間違っても入ることはありませんからご安心を。
いつまでも飲み下さない場合は水をスポイトなどで口に注げば、すぐに飲むこともあります。

3)小量の水で練ってから与えると飲み込みやすい薬もあります。
水薬の方が飲ませやすい場合もあります。
水に粉薬を溶かしてからスポイトなどで飲ませることもできます。
粉薬は、濡らした指先につけて上顎にすりつけるようにしても飲んでくれます。

4) 口を大きく開けてると、水分を飲み下せません。そこで一旦口を閉じさせてから、唇のすき間からゆっくりと入れるようにします。
スポイトやプラスチックの注射器を使えば、水薬を容易にロに注ぐことができます。

【ペットに関する新着情報】

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0