ペット(犬、ネコ)のくすり代は結構費用がかかります。ペットの蚤ダニ、フィラリア薬、動物病院代とフード・トイレ用品代等の節約方法を紹介します。

ぺット(犬・ネコ)に薬を飲ませるには

ペットに上手に薬を飲ませるにはコツがあります。

1)一般的にはペットの好物に薬(味や臭気の悪くない粉薬、水薬または粉砕した錠剤など)をまぶして与えてみます。あるいは錠剤やカプセルを与える場合は、ペットの好物に埋め込んで与えてみます。
与え方はまず一個か二個、薬の入っていないものをあげます。その次に薬の入ったものをさりげなく与えます。この場合、必ず動物病院でくすり(錠剤やカプセル)を粉砕して与えてもよいか否かを確認しておきます。

2)直接錠剤やカプセルはのどに押し込んで与えることも可能です。
口を開けさせて、錠剤やカプセルをできるだけ奥へ素早く入れます。
注意点としてはできるだけのどの奥の方に錠剤を思い切って入れ込むことです。
すぐにロを軽く閉じさせてから、飲み込むまでしばらく待ちます。
飲み込む場合には舌をペロッと出しますので、このサインがあれば完了です。
まず気管には間違っても入ることはありませんからご安心を。
いつまでも飲み下さない場合は水をスポイトなどで口に注げば、すぐに飲むこともあります。

3)小量の水で練ってから与えると飲み込みやすい薬もあります。
水薬の方が飲ませやすい場合もあります。
水に粉薬を溶かしてからスポイトなどで飲ませることもできます。
粉薬は、濡らした指先につけて上顎にすりつけるようにしても飲んでくれます。

4) 口を大きく開けてると、水分を飲み下せません。そこで一旦口を閉じさせてから、唇のすき間からゆっくりと入れるようにします。
スポイトやプラスチックの注射器を使えば、水薬を容易にロに注ぐことができます。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0